カテゴリ:Black Coffee( 11 )

宇宙からの色。

正直、使い辛いですね。

隕石ネタではないアプローチを模索しましたが、中々うまいこといかないです。

雨月珈琲堂綺譚は、ちょっとだけ神話世界を覗き見しちゃおう、がテーマなので、なんか妙なのがいたぞ程度で伝わればいいんじゃないかと…言い訳です。

タイトルはクリスティのポアロの短編から。内容から深読みしないでくださいね。

少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
[PR]
雨月 秋成(うげつ あきなり)
男性、48歳。雨月珈琲堂店主。
STR12 CON13 SIZ13 INT15 POW18 DEX16 APP15 EDU18 SAN90
耐久力13 db+1D4
技能:オカルト75%、機械修理50%、クトゥルフ神話5%、経理75%、芸術(絵画)60%、写真術65%、信用90%、心理学80%、説得85%、値切り85%、博物学75%、目星70%、おいしいコーヒーをいれる99%

結城 信明(ゆうき のぶあき)
男性、47歳。重機のリース会社の社長。結城敏夫の息子。
STR14 CON15 SIZ14 INT11 POW11 DEX12 APP10 EDU15 SAN55
耐久力15 db+1D4
技能:運転(自動車)55%、機械修理60%、経理45%、コンピューター20%、重機械操作80%、信用70%、説得50%、電気修理35%、値切り65%
[PR]
調査の報告後、雨月は探索者にコーヒーを淹れる。

コーヒーは普段よりも濃く、相当苦い。

「エスプレッソには、『特別に、あなたのために』という意味があるらしいですよ」

雨月はそう言って、ミルクポットと角砂糖の入った瓶を差し出す。店内には修理した音響機器からいつものようにレトロな曲が流れている。


◎報酬
このシナリオの参加者は1D6ポイントの正気度を得る。
[PR]
雑木林を抜けると岩場がある。途中、進入禁止と落石の注意喚起を促す看板が立っている。コース外なので整備はされていないが、岩肌の傾斜はそうきつくなく実際の進入自体は容易。

斜面を降りると、切り立った崖に出る。崖の手前に大きな岩と岩が折り重なった洞状の場所がある。崖下はごろごろした岩のみで、目ぼしい物は見当たらない。

・キャンバスの薔薇
洞の内部に、三脚に取り付けられたキャンバスがある。

キャンバスには薔薇の園が不思議な色彩で描かれている。金や銀、メタリックカラーの薔薇、背景は原色を重ね虹のように奇妙な色使いで塗られている。

画風は結城の絵のタッチである。研究施設の写真を見ているなら景観が非常に似ていることに気が付く(但し角度は違う)。絵の右下に「to tokiko」と記されている。

キャンバスの背は洞の奥を向いているが、そこはただの岩の表面で何も無い。

◎色の残滓
ここで雨月珈琲堂のコーヒーの味の変化を試そうとした場合、次のことが起こる。

探索者の体を「何か」がすり抜ける。「何か」は見えないが、皮膚に粘つく蒸気に触れたような感覚がする。
この時、キャンバスを見ると、描かれた絵の色調が一変し、青空の下に鮮やかな深紅の薔薇が咲き乱れる美しい園の景色となる。それは一瞬で、すぐに絵は元のエキセントリックな色合いに戻る。

さらに<目星>で、洞から外に向かってうっすらとした細かな光の粒子が霧散するのを目にする。微かな光の粒は地面に付く前に消滅する。瞬時のことで、光の消えた個所には何も残っておらず錯覚にも思える。

持って来たコーヒーを口にすると、ほんの少し苦味が増したように感じるが、二口目以降はいつもと変わらない味である。

これは宇宙からの色の残滓が結城の記憶(ここで結城がいつも飲んでいたコーヒー)と呼応し起きた現象である。ほんの僅かな残りカスで、本来の力はもう無い。
色の残滓は完全に消滅し、以降、奇妙な現象が起こることは無い。
[PR]
街の郊外、高台(小山)の自然公園。ハイキングコースとして整備されており、頂上(標高100メートル程度。そう高くない)からは街並みを一望出来る。

自然公園を訪れるハイキング客から次の話を聞くことが出来る。

①後光
奇妙な虹を見た。シャボンに映るようなキラキラした光が旗状に靡いて頂上付近を漂い、空の彼方に消えた。
何人かが目撃しているが、ほとんどが高齢者で、頭がぼうとしていた、トレッキングにかなり疲労していたなど、見間違いを疑う声で話される。写真や映像に収めた者はいない。一週間ほど前の話である(結城が入院した頃と重なる)。

<知識>で、山岳等で光の輪が見える大気現象、ブロッケン現象に思い当たる。但し、標高や地形的にその可能性は低い。

②結城
結城(らしき人物)の目撃情報がある。
思しき老人が中腹付近の見晴らしのいい丘のベンチに座り、スケッチブックに写生していた。声を掛けると、きさくに挨拶を返した。
この時、老人は気になる場所があると言っていた。描きたい景色があるのだが、コースを外れた場所なので年老いた身で行くのを躊躇っているという。その場所の詳細は聞いていない。一月ほど前の話である。


◎丘
結城が写生していたと思われる場所(中腹付近の丘)でスケッチブックの中身と照合すると、ある方向の景色のみが描かれていないことに気が付く(必要なら<アイデア>等)。雑木林を抜けた先に岩肌の剥き出した斜面が見える。詳細は別項目(7)。
[PR]
自然公園について一般資料(風土史等)から、終戦までその土地にある研究所が存在したことがわかる。

色彩に関する専門研究施設で、大手カメラメーカー(任意)が出資していた。フィルムやレンズの開発に伴う「色」を扱う機関で、天体観測所や植物プラントが付随し研究は多岐にわたった。
施設は空襲によって焼失した。後に戦災復興の一環で植樹により自然公園となった(土地は行政に委託された)。

・花園
戦後の混乱で研究所に関する詳しい資料は消失しているが、当時の施設の一部の写真が数枚だけ残っている。
その中に、薔薇の花が写っているものがある。ドーム状の建物(天体観測所)を背景に沢山の薔薇が咲いていることが窺える。


◎不確定な情報
インターネット上などで見付かる怪しい噂。

・日本軍
研究所が実は旧日本軍の施設だったという噂が軍事マニアの間で囁かれている。天体観測所はレーダー、植物プラントは開発兵器の実験場のカモフラージュ。空襲は軍事拠点を攻撃したと見る旨。
出資メーカーが軍に備品を卸していたこと、戦後、一帯がGHQの管理下にあったことなどが怪しげな噂に拍車を掛けている。

・毒
戦時中、施設から毒性の薬品が漏れる事故があった。植物プラントで栽培していた草花が全て枯れた。毒ガス兵器の実験失敗による。

但し、公的資料等を調べてもこれらを裏付ける事実は見付からない。件の企業に問い合わせても否定される。
[PR]
結城敏夫は息子「結城信明(ゆうきのぶあき)」家族と同居していた。自宅は事務所(息子が継いでいる)を兼ねている。現在、結城家は葬儀を終えたばかりで喪に服している。

以下、息子や家人の知る情報。

①生前の様子
結城敏夫は3日前(探索開始から)に病院で息を引き取った。1週間前より体調を崩し、入院。免疫力の低下から肺炎を発症し帰らぬ人となった。享年71歳。

結城は退職後、自然の景色をスケッチすることを趣味としていた。特にここ一ヶ月は街の郊外の自然公園に出掛けていた。かなり熱心な様子で、体を気遣う家族の言葉にも耳を貸さず夢中になっていた(家族はこれが病気になった原因と思っている)。

・味覚
結城は食事に関しておかしなことを言うことは無かった。

②スケッチブック
結城が入院する前に持ち歩いていたスケッチブックには草原や木々、見下ろした街並みなどの景観が描かれている。
<アイデア>でそれらが同じ場所で描かれていること、<ナビゲート>でこの街の郊外の高台にある自然公園の一角であることに気が付く。

③時計
結城の腕時計が故障していた。デジタル時計。長年使っていたものなので、経年劣化だと息子は思っている。外出の際、いつも身に付けていた(入院前もしていた)。

④過去
結城は遠方(任意)の出身。大学時代に親の反対を押し切り、当時交際していた妻とかけおち同然にこの街に来た。芸術大学で絵画を専攻していたが、生活の為に絵の道を捨て土建業の現場仕事を中心に働く。その後、資金と経験、人脈を元に重機のリース会社を起こした。

・先立たれた妻
結城の妻「結城登紀子(ゆうきときこ)」は十年前に他界している。死因は末期の胃癌。

登紀子の葬儀の際、結城が「彼女にもう一度、あの薔薇を見せてやりたかった」と酷く嘆いていた。登紀子の実家は地元の名家で、庭園に美しい薔薇が咲いていたという。
それまでの経緯から実家とは絶縁状態で、帰省したことは無かった。また、葬儀に際して連絡したところ、この時には登紀子が暮らした邸宅はマンションとなっていて、既に薔薇園が無いことを知った(結城の後悔に拍車を掛けた)。


◎病院
結城の担当医や病院のスタッフが知る情報。

①死因
結城の死因は肺炎による呼吸不全である。肺炎は風邪から悪化した。
入院当初より結城の免疫力はかなり低下していた。検査の数値的には、年齢を鑑みて体に無理をすると起こり得る範囲ではあるので、日々の生活に起因するものと医者は判断している(息子から頻繁に外出していたことを聞いている)。

②味覚
結城は入院当初は普通に食事を取っており、病院食の味に関しておかしなことを言ってはいない。検査では味覚障害等は見られなかった。
[PR]
雨月が水筒を発見した日の未明から明け方に掛けて、店のある界隈を中心に次のことが起きている。

①街路灯の故障。灯りが不安定だったり、完全に消えるといった不具合が数箇所で発生。特に、雨月珈琲堂の近くで顕著。

②一部で電話回線が混線したり、繋がらないといったことが起きた。業者が原因を調査中(しかし、明確な理由はわからない)。現在は完全に復旧している。

③テレビやラジオの不具合。映像が乱れたり、ノイズが入るなど。局地的な電波障害があったと見られるが、極微細な影響だったので放送局等に苦情が寄せられることは無く調査は行われていない(また、調べても原因はわからない)。

④吐き気を催すなど具合を悪くした人がいる。幼児や高齢者が主で、深夜病棟にかかった者もいる。大事になった者は無く、全員が時間経過と共に症状は回復。明確な原因は不明。

⑤幽霊の目撃情報。袋を背負い、長方形の板状のものを脇に抱えていた。顔はよく見えず、全体的におぼろげで、スッと消えた。
[PR]
雨月珈琲堂の店先に水筒を置いたのは宇宙からの色の残滓である。

結城敏夫はハイキングに出向いた際、ある風景に魅せられた。見渡す限りに咲く薔薇。それは愛した妻との若かりし日の思い出と重なる。

老人は薔薇の見える崖に通い続けた。思い出を描き留める為に。しかし、来るたびに躍る心とは反対に肉体は静かに蝕まれて行った。

老人が見ていたものは宇宙からの色であった。

かつてその場所には本当に薔薇の花が咲いていた。そこに宇宙からの色の種子が撒かれた。発芽した色たちは周囲の命を吸い、全てを枯らした。
十分な養分を得て育った色たちは故郷に帰還したが、兄弟達との餌の取り合いに敗れた一体が残された。彼は眠りに就き、静かに死を待っていた。

その「色」の記憶に結城は誘われた。動けず弱っていた怪物は、ゆっくりと彼の生命を奪って活性化し、故郷へと帰った。
店を訪れたのは、色の残骸が、吸った餌の記憶を再生したに過ぎない。
[PR]
舞台:現代日本
時期:任意

探索者が行きつけの喫茶店「雨月珈琲堂」を訪れると、ある変化に気が付く。いつも店内に流れているレトロなBGMが止まっている。
そのことをマスターの「雨月秋生(うげつあきなり)」に尋ねると、朝の開店時から機材の調子が悪いという。また、音響機器以外も照明の一部が点かなかったり、空調がうまく作動しなかったり、デジタル時計が狂っていた(照明と空調に関しては暫くすると復旧した)。

音響機器や時計を調べれば(<電子工学>等)電子部品が故障していることがわかる。店内の機材の異常を踏まえ、これらが電磁波による影響に似ていることを推察する。ただ、店内外にそれと思しき要因は特に見当たらない。

◎水筒
他に異変を問うとマスターは探索者にある物を見せる。
銀色の円筒形をした水筒。ステンレス製で保温の効く魔法瓶。
早朝、シャッターを上げる際にこれが店頭に横になって落ちていたのを見つけた。

雨月はこの水筒に見覚えがある。少し前まで店に来ていた老人の持ち物で、雨月はこれにコーヒーを注いでいた。老人の格好はいつもナップザックにトレッキングシューズと、それにスケッチブックを抱えていた。

「老後の楽しみにハイキングがてら風景を描いていると言っていました」

老人の名前は「結城敏夫(ゆうきとしお)」、この街で建設機械のリース会社を営んでいた(引退し事業は息子が継いでいる)。

今朝方、雨月が電話で連絡を入れたところ、息子から結城が3日前に他界したことを知らされた。風邪を拗らせ入院していたが悪化し帰らぬ人となった。
息子は水筒に関して雨月に言われるまで気が付かず、無くなっていたことを知らなかった。また、家族は誰も店に訪れてはいないとのこと。

この時、息子から妙なことを言われた。生前、父(結城敏夫)がこう言って感謝を口にしていた。

『あの店の苦いコーヒーは目も筆も冴える』

ところが、雨月は結城が高齢なことに配慮しコーヒーをかなり薄めに淹れていたという。

これらのちょっとした異変について、マスターから調査を頼まれる。

なお、水筒はごく普通の市販品で、おかしなところは無い。この場でコーヒーやそれ以外のものを入れたとしても変化は無い。
[PR]