3.鍋山鉄吉

フランス・イタリア・中国・日本、あらゆる料理に精通する天才料理人。頭を丸めており、痩せていて目つきが悪く、ひねた口調で話す。
鍋山の信念は美味いものは美味い。美味い料理を作るためにはそれがゲテモノであれ調理を厭わない。

・フィリップスの解雇
一時期、洋食店フィリップスで料理の中に犬猫の肉、果てはミミズのミンチ等といったゲテモノが混入されているという噂がたった。
噂の主は鍋山で、実際にそういった小動物を料理の材料に使っていた。このことが原因で、鍋山はフィリップスをクビになった。

鍋山は斑目荘子を怪しい人物と思っているが、行き場を失った自分を拾ってくれた恩から、彼女に忠誠を誓っている。そのため、荘子に頼まれればどんな料理でも作るし、また、彼女に不利益となることは一切話さない。
[PR]
by nurunuruhotep | 2008-10-26 16:43 | ミカエルは唄う | Comments(0)