5.奇怪な山

柊が住んでいた場所に至る途中、イチョウの並木道がある。木々は(冬であるため)すっかり枯れている。
柊の家は、並木道の行き着く先の山の麓に位置する。すでに取り壊され、更地になっている。
この付近一帯は、都市開発による工事中で、大型車が入り込み、作業を行っている。

◎作業員からの情報
柊の家のあった付近で作業を行っている者から次のことが聞ける。

1.機材の不調。この辺りで電子機器が誤作動することが時々ある。原因は不明。

2.幽霊の話。夜間、作業をしていると、変な気配がする。また、巨大な昆虫の羽のようなものが付いた人ほどの大きさの影を目撃したという証言もある。このことから、気味悪がって最近は夜間作業を行う者はいない。

3.奇妙な音。山奥(柊の家の裏山)から、キーンと耳に響く音がする。

4.山奥にブルドーザーなど重機で入ろうとすると、土砂崩れが起こったり、巨木が倒れてきたりして、進入できない。
[PR]
by nurunuruhotep | 2008-10-24 12:39 | COFFEE MILL | Comments(0)