VS ハイウェイノッカー

【怪異】
■名称
ハイウェイノッカー

■概要
トラック輸送中に貨物から内壁を叩くような音がする。

■正体
イスの次元装置のあるエリアに異物(捨てられた被害者)が混入したことにより、管理システム=イス人のプログラムがシグナルを発している。被害者の記憶が反映されたホログラムとして具現化している。

【情報】
■情報源
・物流トラック等の配送業ドライバー
運転中に背後の貨物内部がドンドン鳴り出す。物がぶつかる鈍い音のようだが、停車後に確認すると積荷が動いた等の異常は無い。決まって深夜1時ごろ、地点①~⑧間で断続的に起こる。

■場所
地点①~⑧の経路間。

■出現条件
該当する場所を深夜1時頃に走行。


【対決】
■遭遇
トラックの運転車両に搭乗している場合は体験者の証言同様、荷台の中から叩く鈍い音を耳にする(SAN 0/1)。停車後に調べても何も目ぼしい物は見つからない。

この時、貨物車両内部に居る場合、怪異と対峙する。
青白い光で模られた人型のシルエット…身長160センチ程の痩せ型の女性の形をしている…が横たわり身体をゆすって内壁を叩く。のっぺらぼうなので表情は読み解けないが、両手足が拘束でもされているのか前屈みに縮込んでいる。ホログラムのように触れると透ける。正気度ロール(0/1D4)。

■対処法
時間経過(数秒程度)で消える。

■顛末
消える寸前、内壁の一部が赤く光る。左上隅が3回、右下隅が2回。

※これはメッセージで、被害者が閉じ込められている立方体を開く為の符丁である。
[PR]
by nurunuruhotep | 2017-03-14 17:52 | the Queen's High-way | Comments(0)