VS INNジャンジョー

【怪異】
■名称
INN(イン)ジャン・ジョー

■概要
ホテルに現れるインディアンの霊。

■正体
暗闇に閉じ込められた被害者が、自分を襲った犯人を愛読書に登場する殺人犯(トム・ソーヤの冒険のインジャン(インディアン)・ジョー;ネイティブアメリカンと白人の混血の悪漢)と重ね、その恐怖がイスの次元装置で増幅されて残留思念となり他者の身体を操っている。

【情報】
■情報源
・客
夜中に雄叫びのような奇声が聞こえ、向かうと窓が開いていた。窓の外には走り去る人影があり、外灯に映し出されたシルエットは頭に羽根飾り、手に斧のようなものを持っていた。

・従業員
客室から雄叫びに似た奇声やドンドンと足を踏むような音がする。部屋の中には誰も居ない。
<心理学>→何かを隠している様子。実は妙なことが起きるのは同じ部屋で、被害者が最後に客を取った場所。

■場所
地点③ICを降りた個所のラブホテル。

■出現条件
夜間に被害者が襲われた部屋を訪れる。

【対決】
■遭遇
オーナーの原田が羽根の付いたバンダナを頭に巻き、上半身裸で手にした斧を振り回して襲い掛かってくる。正気を失っており、説得は通じない。

■対処
打ちのめすか、<精神分析>で正気に戻すことが出来る。

■顛末
本人が落ち着いた後に話を聞くと、どうしてそういう行動をしたか何も覚えていないという。嘘をついている様子は無い。ただ、どこか暗い場所に閉じ込められているような奇妙な恐怖感を訴える。

原田は「トム・ソーヤの冒険」の文庫本を所持している。本人の物では無く、ある部屋(被害者が最後に客を取った部屋)で見つけた。本にはインディアンハーフの殺人犯インジャン・ジョーが登場し、最後は洞窟に閉じ込められ餓死している。
本にブックカバーが被されており、カバーの端に「hikaru takagi」とサインがある。ホテルでは「高木明星」という売春を行っていた少女が行方不明になっている(ホテルの項目参照)。
[PR]
by nurunuruhotep | 2017-03-14 17:50 | the Queen's High-way | Comments(0)