このブログではクトゥルフの呼び声(クトゥルフ神話TRPG)のシナリオを公開しています。

下記タイトルをクリックでそのシナリオのカテゴリ及び最終項目から十件が表示されます。
「このカテゴリの記事をすべて表示」を選ぶと項目が全て表示されるので、目的の項目を探し易いと思います。
一番最後に表示されている項目が最初の記事(前書)です。ブログの形式上、項目の若いものが下になります。

タイトルの隣は舞台とゲームに掛かる時間の目安です。短編が3時間前後、中編がコンベンション相当、長編が複数回のセッションを想定しています。一番右はこのブログにアップロードした年月です。

JACK : 現代日本 長編  2008年10月
HIZUMI : 現代日本 中編  2008年10月
COFFEE MILL : 現代日本 短編  2008年10月
ミカエルは唄う : 1920年代日本 短編  2008年10月
パンの大神 : 1920年代日本 中編  2008年11月
忘却の記憶 : 現代日本 中編  2008年11月
月狂 : 現代日本 長編  2009年8月
Descent with modification : 現代日本 長編  2010年9月
マスカレイド : 現代日本 中編  2012年3月
Brown Sea : ハイパーボレア 長編  2012年5月
溺炎 : 現代日本 中編  2012年11月
Black Coffee : 現代日本 短編  2013年2月
螺旋のフィドラー : 1920年代日本 短編(微中編?)  2013年7月
Iced Coffee : 現代日本 短編  2014年4月
ネジ : 現代日本 中編  2014年7月
シュトラウスの晩餐 : 現代日本 中編  2015年4月
Coffee Saucer : 現代日本 短編  2015年12月
the Queen's High-way : 現代日本 中編  2017年3月

※尚、記事枠内外の広告は本ブログ管理者の設定ではなく、エキサイトブログ側の仕様です。気になるようでしたらChrome及び互換ブラウザでABP推奨。

Secret Track
[PR]
女王のハイウェイ。意訳すると公道、ロイヤルなメインストリートというニュアンスですね。

リンチ映画のロスト・ハイウェイやマルホランド・ドライブにあやかって付けました。Highとwayの間の「-」は舞台の高速の一定区間を表してます。女王がハイでウェーイじゃないですよ。意味深。

小さなイベントを積み重ねて1つのシナリオにするというやり方は以前からやってみようと思ってた試みで、そういう意味では今回は実験的な作品です。

イベントの数には悩みましたが、直接本編に関わる主軸が3つ(うち派手なものを1つ)、あとは補填用や軽いもの数個で中編程度の長さと考えていたので7つが妥当かな、と。他、超スピードで高速を駆けるターボJKだとか過去から精神交換で温泉地に現れたテルマエ・イシアンだとかいろいろ案がありましたがボツに。英断である気もします。

楽しんでもらえたら幸いです。いあいあ。
[PR]
原田 健二朗(はらだ けんじろう)
男性、51歳。分け有り少女達を囲う売春ホテルのオーナー。地元の裏社会に顔が利く。
STR13 CON15 SIZ14 DEX10 APP11 INT14 POW13 EDU18 SAN58
耐久力15 db+1D4
技能:言いくるめ95%、経理80%、コンピューター30%、写真術50%、心理学75%、説得80%、値切り90%、法律65%
武器:手斧20%1D6+1+db

中条 洵子(なかじょう じゅんこ)
女性、43歳。国土交通省職員。対策チームの責任者。
STR10 CON12 SIZ11 DEX13 APP14 INT15 POW14 EDU20 SAN70
耐久力12 dbなし
技能:オカルト35%、経理70%、コンピューター50%、信用80%、心理学70%、説得80%、天文学50%、図書館60%、ナビゲート95%、法律90%、物理学50%、英語60%

澤田 琢(さわだ たく)
男性、45歳。バス運転手。元個人タクシー運転手。犯人。
STR13 CON14 SIZ12 DEX14 APP10 INT11 POW11 EDU14 SAN40
耐久力13 db+1D4
技能:運転(大型車両)60%、運転(自動車)80%、機械修理30%、聞き耳50%、経理35%、重機械操作30%、ナビゲート70%、値切り45%、目星40%

高木 明星(たかぎ ひかる)
女性、16歳。売春ホテルで働いていた家出少女。異次元に置き去りにされている。
STR 7 CON11 SIZ 8 DEX12 APP13 INT 9 POW15 EDU 8 SAN25
耐久力10 db-1D4
技能:芸術(歌唱)35%、芸術(コスメ)60%、心理学30%、値切り50%

ヨモツイクサ
次元装置を守る防衛ドローン。戦国時代の甲冑を元にしている。
STR20 CON25 SIZ15 DEX10
耐久力20 db+1D6 移動 7
武器:太刀50%1D8+1+db
装甲:6
正気度喪失:0/1D3

飛行するポリプ
次元装置によって張られた結界に閉じ込められている個体。平均よりも大型。風を用いた攻撃方法や不可視状態等についてはルールブックを参照(固定攻撃は結果内に対象を引きずり込む効果とする)。
STR62 CON28 SIZ62 DEX14 INT16 POW18
耐久力45 db+7D6 移動 8/飛行12
武器:触肢85%1D10、突風70%db-1D6(20m毎)
装甲:4(皮膚)、物理的武器は最低値、魔力を付与した武器や熱と電気は通常ダメージ
呪文:任意に選択(攻撃の際は呪文よりも風を起こす能力を好む)
正気度喪失:1D3/1D20
[PR]
シナリオの大まかな展開としては複数ある怪異案件をそれぞれ解明して行き、そこから怪現象が起きるに至った理由を導き出し対応を決める流れになるだろう。最も穏便な解決方法は被害者を助け出すことである。異物を次元装置から取り除けば結界が再び張られ、ポリプが大っぴらに悪さをすることは無くなる。せいぜいが峠で無謀なレースを愉しむ輩のうち一人か二人が稀に姿を消す程度である。

◎報酬
このシナリオの参加者は1D6ポイントの正気度を獲得する。少女を救い出すことに成功した場合はさらに1D6ポイントの正気度を得る。もし飛行するポリプを倒すことが出来たのなら1D20ポイントの正気度が加算される。

◎タイムリミット
物語の解決にあたりポリプと直接対決する必要はないし、強力な神話生物との対面はリスキーで避けるべきだ。しかし、派手な演出を望むなら高速道路のトンネルからポリプが飛び出すなど破滅的状況を示しても良い。そういったパニック映画さながらな場面は解決に失敗した際のラストに配置したい。
このシナリオでは時間的制約を特に設けてはいないが、例えば被害者の残りの正気度が0になる(定期的に正気度ロールを行い失敗時に1D6減らすなど)ことで絶望の思念がシステムを狂わせ次元装置が停止する=結界が完全に消えるとすればバッドイベントの理由付けになる。

◎新たな怪異
解決のさらなるヒントだったり単に寄り道を増やしたいなど、自由に怪異を追加して構わない。

・テンプレート

【怪異】
■名称

■概要

■正体

【情報】
■情報源

■場所

■出現条件

【対決】
■遭遇

■対処法

■顛末
[PR]
【怪異】
■名称
七人ライダー

■概要
高速道路を爆走する6人組の死霊バイク。欠番の7人目を迎えようと生者を事故に導く。

■正体
フライングポリプの魔風によって命を絶たれた者達の思念。

【情報】
■情報源
・バイカー
走行中にふと気が付くと数台(4、5台?)のバイクに囲まれている。青白くおぼろげな外観。よく見るとヘルメットの中が骸骨で、マシンからはエンジン音が聞こえない。恐ろしくなり、無我夢中でスピードを上げて振り切った。

■場所
封鎖中の⑤SA付近。

■出現条件
バイクやバギーなど屋外車両で該当地点を通過。

【対決】
■遭遇
周りに突然6台のバイクが出現する。どの車両も搭乗者含め青白く冷気めいたガス状のものを帯びている。搭乗者はフルフェイスのヘルメットにライダースーツ姿。よく見る(<目星>)と話の通りにヘルメットの中から骸骨の顔が覗く。正気度ロール(0/1D6)。

事前に過去の事故(峠のアビスチャレンジ)を調べている場合、出現したマシンが全てその中に含まれている車両と一致していることに気が付く。

■対処法
実体が無いので物理攻撃は効かない。囲まれているので視界を遮られ通常走行が困難になる。

<操縦・運転(オートバイ等の該当車両)>に成功することで集団から抜け出すことが出来る。失敗した場合、<幸運>を行いこれにも失敗すると運転操作を誤り転倒する。<幸運>に成功した場合は<操縦・運転>を再度行う(失敗の度に同様の手順を繰り返す)。

走行中の転倒によるダメージの目安は5D6とする(<跳躍>による咄嗟の受身で1D6軽減出来る)。

■顛末
振り切った際に後方を確認すると怪異達が消えて行く光景を見る。車輪が回っているが前進しておらず、まるで見えない強い力によって後ろに引っ張られているかのようにして霧散する。
(※魔風に捕まった際の死の記憶を再生している)
[PR]